製品
赤銅管(赤銅管/赤銅パイプ) 赤銅コイルプラスチック被膜赤銅管 応用するもの

概要

赤銅は純銅の一種で、優れた導電性と展延性を有します。この赤銅管は非鉄金属製のパイプで、銅と銅合金を圧接加工した継ぎ目のないパイプです。

用途

弊社の赤銅管は、広く水道用銅管と電気炉タービンとして利用されています。

特徴

赤銅管は、強度があり、耐食性に優れています。また、銅管は現代の一般住宅建築において、水道管、ヒーティングパイプ、冷却パイプの第一選択肢として使われています。銅管はまた、水道管としても最適です。

1.銅管の経済性

銅管は、加工と接続が容易なことから、設置時の材料とコストを節約できます。また安定性と信頼性からメンテナンスをあまり必要としません。

2. 銅の軽量性

同じ内径のライフル管の場合、銅管は鉄管と比べて厚みが小さくなります。銅管は設置時における輸送費を抑え、メンテナンスが簡易で、省スペースが可能となります。

3. 銅の被加工性

銅管に代表されるように、銅は曲げたり変形することが容易です。このように曲げ加工や接続加工に用いられ、銅管は簡単にどのような角度をつけられます。

4. 銅の安全性

銅は液体などの漏れや毒性の発生がありません。耐食性があり、酸化しにくいのが特徴です。非常にコンパクトな有機構造により、銅管は浸透性がありません。オイル、バクテリア、ウィルス、酸素、UV、その他有害な物質は銅管に浸透しないため、銅管内の水を汚染しません。

5.安定した化学的特性

耐冷性、耐熱性、耐圧性、耐火性(融点は摂氏1083度)の特性を有し、長期間にわたり様々な環境で利用されるものに適しています。
銅管と比較して、亜鉛メッキされた鉄管はもろく、その他の金属材料は高温での強度が急激に劣化し、熱水管として利用した場合に大変危険です。ある考古学者により、4500年前のピラミッドで銅管が利用され、現在もまだ利用できることが発見されています。


仕様

記号 状態 断面サイズ 長さ 参考基準
OD 壁厚 ID
T2 TP2 TU2 TU1 C10200 R φ60〜300 5〜30 500〜6000 GB/T1528-1997
φ95〜120 32.5〜35 500〜4000 メーカー基準値
φ125〜200 32.5〜35 300〜2000
φ210〜250 32.5〜40 300〜1500
φ260〜300 35〜65 300〜800
R φ300 φ50〜160 300〜700 メーカー基準値
φ370 φ5 0〜200
φ420 φ50〜250
M Y φ15〜360 0.7〜10 標準に従う GB/T1527-1997
φ38〜300 10.5〜17.5 500〜7000 メーカー基準値
Y2 φ15〜100 0.5〜10 標準に準拠 GB/T1527-1997
T2 Tp2 M φ6〜35 0.6〜6 5800 GB/T18033-2000
Y2 φ6〜54 0.6〜6
Y φ6〜219 0.6〜6 3000
M Y2 Y φ4.76〜25 0.3〜1.5 3000〜7000 GB17791-99
M φ4〜22.23 0.3〜1.5 80〜12 kg (軸ロール)
M φ7〜9.52 0.32〜0.36 70〜120 kg (ライフル管 軸ロール) メーカー基準値
M Y φ6.35〜19.05 0.5〜0.7 15000 (渦巻コイル) GB17791-99
T2 導体 M φ8〜17.3 0.5〜0.7 1000000〜8000000 (軸ロール/ケーブルドラム) メーカー基準値
T2長方形/正方形パイプ M Y 長辺A×短辺B×壁管厚 5〜80 × 5〜80 × 1.0〜10 垂直棒: 1000〜5000 L ≥ 6000 円盤 メーカー基準値
備考:要件が上記の範囲を超える場合には、ご相談ください。
159彩票 河北快3代理 1号彩票主页 百万彩票 6号彩票app 凤凰彩票是真的吗 内蒙古快3计划 河北快3基本走势 新凤凰彩票 1号彩票